ph

INTERVIEW

手をあげて、知らない領域に
挑戦できるのが面白い。

2019年入所 藤川 新ARATA FUJIKAWA 弁護士
弁護士

入所を決めたきっかけ

ph

希望を出すことで、自分が携わりたい案件や領域にチャレンジできる

以前の事務所では交通事故や離婚事件が多かったので、自分自身のキャリアアップのために幅広い案件を扱える事務所にと転職を考えました。TSLは取り扱う案件の幅が広いので、希望を出すことで、自分自身が携わりたい案件や領域にチャレンジすることができます。実際、スタートアップ企業法務や新規事業の適法性チェック、アプリの利用規約作成といった案件もあり、仕事の幅は着実に広がっています。設立間もない事務所で、代表の中川や他のメンバーと共に事務所を創るような気持ちで仕事に取り組めることも、私にとっては魅力的に感じました。

TSLはどんな事務所?

ph

求められる知識や能力のハードルが上がる分、仕事の幅が広がる

TSLでは希望が通って企業法務案件にも携われています。ただ仕事の幅が広く、やりがいがある一方で、仕事を任せてもらえるからには、当然に求められる知識や能力のハードルも上がり、正直なところ大変だなと思うことがあるのは事実です。それでも自分で時間を管理して業務調整ができるので、帰宅時間は以前より早くなりました。休みもしっかり取れていて、読書に費やしています。自由にやらせてもらっている感覚があるので、窮屈さがなくて良いですね。事務所のメンバーとは食事に行くこともあるし、みんな適度な距離を保ちつつ仲が良いなと感じています。私は長い期間卓球をやっていたのですが、オフィスが入っているWeWorkに卓球台があるので、先輩とやることがあります。

これからの挑戦

ph

知らない領域に挑戦することが面白い

まずは弁護士としての仕事の幅を広げるために、企業法務のいろんな案件に携わりたいと思っています。私は自分の知らない領域に挑戦することを面白いと感じるタイプなので、未知なる分野の法律が絡む事件を扱っていきたいです。あとは、企業法務を通してビジネスの世界に触れる機会が増えているので、将来的に面白い事業を見つけることができたら、自分でやってみたいとも思っています。

ph

一緒に働きたいと考えている人へ

TSLは弁護士がやりたい案件や領域について、手を挙げればそれに応えてくれる事務所です。成長することに対して、主体性と意欲のある人にぜひ応募してほしいと思います。またパラリーガルは弁護士が仕事をしていく上でとても大切な役割を担ってくれているので、積極的に「この仕事、やりますよ」と言っていただける方が来てくださると嬉しいです。

UP DATEJAPAN.

あなたの成長を後押しすることが
私たちのミッションです。

ENTRY