ph

INTERVIEW

実務経験を積みながら、
経営や営業にも携われる事が面白い。

2020年入所 宮地 政和MASAKAZU MIYAJI 弁護士
弁護士

入所を決めたきっかけ

ph

弁護士経験を積みながら、弁護士事務所の経営にも精通した弁護士に

弁護士登録後、その大半を金融関連企業の社内弁護士としてキャリアを積んできました。会社という組織の中で働くことは弁護士として学ぶことも多かったのですが、いずれは「自立した弁護士として、依頼者にリーガルサービスを提供したい」ということを目標にしていました。そのためには、幅広く様々な分野で弁護士としての経験値を高めていくのと同時に、法律事務所の経営に対しても知識を深めていく必要があると考えました。これらを両方習得できるのがTSLだと感じましたし、まだ組織としても発展途上にあるので、共に今後成長することができると感じたことも入所を決めたポイントになりました。

TSLはどんな事務所?

ph

やる気次第で何でも挑戦でき、明るく風通しがいいのが魅力

基本的に服装や勤務時間などの制約が少なく、明るく自由な雰囲気です。スタッフの比率は女性が多く、平均年齢は30代と若いのも特徴的ですね。急成長・拡大中の事務所ではあるものの、体育会系の雰囲気ではなく代表との距離も近いので、風通しはかなり良い組織だと思います。また弁護士としての事件処理についても裁量が大きく、その分当然に責任は伴うものの、やる気次第で何でも挑戦できることも魅力の一つ。単に事件処理をするだけではなく、営業や経営的な観点も醸成していくことができるのが大きなやりがいに繋がっています。

これからの挑戦

ph

自分も事務所も一緒に成長していきたい、そのためにもっと働きがいのある事務所へ

弁護士としての知見を広めながらTSLの組織力を高めていき、個人的にも組織的にもどんどん成長していきたい。特に組織に関しては、営業や経営に関しても注力し、スピード感を持って大きくしていきたいですね。それと同時に、人材が極めて重要だと考えているので、弁護士やその他スタッフ全員がより働きやすい環境で仕事に集中することができるように、さらに職場環境を整えていきたいと思っています。事務所内のナレッジの共有や、頑張った人がその分だけ評価されるような仕組み作りも進めていきながら、皆さんに働きがいを感じてもらえる職場にしたいですね。個人的には育児真っ只中なので、家族との時間も大切にしていきたいと思っています。

ph

一緒に働きたいと考えている方へ。

取り扱い事件の幅が広く、企業法務に限らず、一般民事や刑事事件など弁護士としての経験を十分に積むことができる環境です。それに加え、経営や組織作りに興味がある人にとっては、代表たちと共に考え、提案することができるのでさらにやりがいが感じられると思います。変化することや挑戦することを面白いと感じる方、ぜひご応募をお待ちしています。

UP DATEJAPAN.

あなたの成長を後押しすることが
私たちのミッションです。

ENTRY