ph

INTERVIEW

和気あいあいとした雰囲気で、
自分の見識や仕事の幅を広げられる。

2018年入所 高島 宏彰HIROAKI TAKASHIMA 弁護士
弁護士

入所を決めたきっかけ

ph

自分の見識や仕事の幅を広げたい、そう思って入所しました

以前勤めていた事務所は家事事件や債務整理といった個人の依頼者が多く、1年の勤務期間を経て、仕事の幅を広げたいと考えるようになりました。TSLは、事務所の名前のとおり企業のスタートアップの支援に力を入れており、私にとっては未知の領域であったので、自分の見識や仕事の範囲を広げることができると思い入所しました。

TSLはどんな事務所?

ph

メンバーが和気あいあいとしていて、依頼者さんにも相談しやすい雰囲気です。

仕事のやり方や進め方、時間管理も個々の弁護士に任されている部分が多く、自由な反面責任の重さを感じる部分もあります。ただ法律事務所というと、重苦しいイメージもあるかと思いますが、TSLにはそれが全くありません。弁護士同士の関係性も良く、互いの得意な領域について情報交換をしたり、教え合ったりできる環境です。和気あいあいとしていて、仕事も進めやすいです。事務所に活気があるので、依頼者さんにとって相談しやすい雰囲気づくりができていると思います。

これからの挑戦

ph

専門性を磨くと同時に、家族との時間を大切に。

専門の消費者法は、範囲の広い分野なのでしっかり勉強し、理解を深め、今以上に事務所に貢献できるようにしたいです。一方でこれまでは仕事に振り切っていたので、プライベートでは、家族との時間も持てるようにしたいと思っています。また事務所が和気あいあいとして良い雰囲気なので、実は、いつか家族も含めて社員旅行ができればいいなと秘かに思っていて。代表の中川に言ってみて、実現できたら嬉しいですね(笑)。

ph

一緒に働きたいと考えている方へ。

TSLは弁護士間の上下関係によるストレスとは無縁で、パラリーガルや他の事務方メンバーとも助け合いながら仕事ができる環境です。企業法務だけでなく実にいろいろな案件がありますので、どのような案件でも興味を持って取り組むことができる弁護士と一緒に働けたらと思います。

UP DATEJAPAN.

あなたの成長を後押しすることが
私たちのミッションです。

ENTRY