MENU

弁護士費用は完全成功報酬

このような事でお悩みではありませんか?

不倫の慰謝料請求は「一人でしない」が原則

ご自身で請求された半数以上の方が適正な慰謝料の獲得に失敗しています

ご自身で請求した場合の失敗事例

  • 慰謝料を獲得できたが、調べてみると相場より大幅に少なかった
  • 相手からお金がないから払えないと言われてしまった。
  • 不倫・不貞の事実はないの一点張りで、話し合いにも応じてもらえない。
  • 内容証明郵便による慰謝料請求を無視されてしまった
  • 慰謝料を払うと約束を取り付けたが、相手と連絡が取れなくなった
  • 冷静さを欠いてしまい、証拠の確保に失敗してしまった。
  • 相手が代理人弁護士をつけてきて、請求した額を大きく下回った金額で合意させられてしまった。

このようにご自身で慰謝料請求をしようとすると、失敗してしまう場合があります。当事務所は相談料・着手金0円の完全成功報酬制ですので、適切な慰謝料の獲得はお任せ下さい!

不倫の慰謝料請求を弁護士に依頼したほうが良い理由とは?

  • 精神的ストレスを軽減できる

    photo
    中川 浩秀 代表弁護士
    (東京弁護士会)

    大切なパートナーに不倫をされて精神的につらい状況の中、不倫相手に慰謝料を請求することは、非常に大きな精神的ストレスがかかります。
    弁護士に依頼することで、慰謝料請求は経験豊富な弁護士がご依頼者様の代理人として代わりに行いますので、今以上の精神的なストレスをかけずに解決することが出来ます。
    また、弁護士から内容証明などの書面で慰謝料請求をすることで、あなたの本気の怒りを伝えることができます。

  • 適正な慰謝料を獲得しての解決が期待できる

    photo
    瀧澤 花梨 弁護士
    (東京弁護士会)
    • 感情的になってしまい証拠の確保を失敗した
    • 内容証明を送ったが相手が支払いに応じてくれない
    • お金がないという理由で門前払いに
    • 相手から提示された慰謝料を調べてみると相場より少なかった

    このように、、交渉がうまく進まないという段階でのご相談を頂くことがあります。
    適正な金額の慰謝料を獲得するためには、過去の判例や法律の知識、高度な交渉のテクニックなどが必要になります。
    ご自身で行動に移す前に、経験豊富な弁護士に相談・依頼をすることでこのような事態を未然に防ぐことができますので、結果として適正な慰謝料を獲得できる可能性が高まります。

  • 早期に解決できる可能性が高まる

    photo
    高島 宏彰 弁護士
    (神奈川県弁護士会)

    不倫や男女トラブルは感情的な話し合いになりやすく、当事者間で話し合いを行うと、つい感情的になってしまい解決が長引いてしまう事があります。
    ご依頼者様の思いを「経験豊富な弁護士」が代弁し、冷静かつ的確な方法で慰謝料を請求することで、結果としてご自身で解決するよりも早く解決できる可能性が高まると言えます。

簡単に思える不倫の慰謝料請求を、ご自分で行うのは慎重に。『適切な慰謝料の獲得』をめざすなら、弁護士法人東京スタートアップ法律事務所にお任せください!

弁護士費用は完全成功報酬

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所について

当事務所は不倫慰謝料問題の経験豊富な法律事務所として、日々多くのご相談を頂いております。
交渉経験の豊富な弁護士が、あなたの味方となって不倫相手や配偶者へ慰謝料請求をし、適正な慰謝料の獲得と早期解決を目指して粘り強く交渉いたします。
「いまお抱えの問題を後になって後悔しないため」に、当事務所に是非ご相談ください。

photo

選ばれる6つの強み

  1. 不倫の慰謝料請求に強い法律事務所
  2. 初回相談料0円・着手金0円の完全成功報酬制
  3. 費用倒れの心配がない、『損にならない保証制度』
  4. 安心の事前見積もり明確な料金体系
  5. 経験豊富な女性弁護士も在籍
  6. 平日8時30分〜20時・土日祝もご相談可能

弁護士費用は完全成功報酬

不倫慰謝料の金額相場

不倫慰謝料の金額相場は50~300万円程度

不倫による慰謝料の金額相場としては、50万円から300万円程度になることが多いです。
もちろん全てのケースということではありませんが、慰謝料の金額を決めるにあたっては、不貞行為の期間や、夫婦の経済状況や不倫相手の経済状況、婚姻年数、夫婦関係が不貞によって壊れたかなど、様々な事情が一つ一つ慰謝料の金額に影響されます。

場合によっては慰謝料が50万円しか回収出来なかったり、その反面300万円を超える慰謝料を回収出来るというケースもあります。
現在の状況で慰謝料がどのくらいになるのかということを把握されるためにも、一度弁護士にご相談されることをおすすめしています。

不倫慰謝料トラブルの解決事例

  • 協議離婚を成立させ
    300万円の慰謝料を獲得した事案

    photo
    ご依頼者 40代女性・主婦
    子供 あり
    結婚歴 8年
    不倫慰謝料300万円獲得

    夫の不貞行為が発覚し離婚を決意した依頼者様は、最初はご自身で慰謝料・養育費等の支払いを請求しました。
    しかし、金額について折り合いがつかず当事務所へご相談にいらっしゃいました。
    当初は協議離婚の話し合いを持ち掛けましたが、婚姻費用を確保する必要もあると判断したため、調停を起こしました。
    結果として、相場以上の婚姻費用を確保しつつ話し合いを有利に進めることに成功し、300万円の慰謝料と財産分与の100万円、相場の倍の養育費用と年金分割、浪費で使い込んだ300万円の支払いも約束し、ご依頼から4ヶ月で協議離婚が成立しました。

  • スマホの証拠から離婚はせずに
    200万円の慰謝料を獲得した事案

    photo
    ご依頼者 40代女性・会社員
    子供 あり
    結婚歴 3年
    不倫慰謝料200万円獲得

    依頼者様は、夫の帰宅が遅くなったり急に身だしなみを気にかけるようになったことなどから不倫を疑いはじめていた所、夫の携帯から不貞行為の証拠が見つかりました。そのことを夫に問い詰めると、会社の同僚との不貞事実を認め、この時点で当事務所にご相談にいらっしゃいました。
    子供がまだ小さいことから離婚はせずに不倫相手に慰謝料請求をしたいという希望でしたので、その方針でご依頼を受けました。
    ご依頼後、不倫相手の女性に不倫慰謝料を請求し、慰謝料200万円を一括で回収出来ました。
    その他にも夫との接触禁止や、求償権を放棄する旨の内容で合意しました。

  • 不倫調査の証拠で協議離婚と
    慰謝料200万円を獲得した事案

    photo
    ご依頼者 30代女性・会社員
    子供 なし
    結婚歴 2年
    不倫慰謝料200万円獲得

    夜になっても夫が帰ってこないということが頻繁に続くようになり、不信感を持った依頼者様が調査したところ、夫が職場の女性と浮気・不倫に及んでいたことが発覚しました。依頼者様は悩みましたが夫との離婚を決意し、協議離婚が成立しました。その上で、夫の不貞相手への慰謝料請求を依頼しました。
    不貞相手に対しては慰謝料300万円を主張し請求していきましたが、相手方の女性が「50万円以上は払えない」の一点張りだったので、訴訟を提起し、結果としては裁判上の和解によって200万円の慰謝料を獲得することができました。

弁護士費用は完全成功報酬

不倫慰謝料の弁護士費用

初回相談料 0
着手金
0円(完全成功報酬)
成功報酬
22万円(税込)+回収金額の17.6%(税込) ※ただし、「損にならない保証」あり
損にならない保証
当事務所では、依頼者様が弁護士費用の払い損にならないよう、安心してご依頼いただくために、着手金を無料にする形でご依頼いただいております。
また、成功報酬は回収に成功して入金された金額からいただいておりますので、ご依頼時に費用はかかりません。(完全成功報酬)。
さらに、依頼者様が損をしないように、万が一成功報酬が獲得金額を上回った場合、成功報酬を回収金額まで減額させていただきます。 ※上記費用体系が適用になるには、一定の条件がありますので、詳しくはお問い合わせください。

慰謝料の減額代理交渉を希望の方はこちらのページをご確認ください。

不倫の慰謝料請求以外にも、離婚問題に関するご相談・ご依頼も承っております。

【離婚に関する弁護士費用】

■ 初回相談料
0円
■ 着手金
交渉:20.9万円(税込)
調停:31.9万円(税込)※1
訴訟:48.4万円(税込)※2

(※1)交渉から調停に移行する場合、別途調停の着手金31.9万円(税込)がかかるわけではなく、追加着手金として11万円(税込)をお支払いただいております。

(※2)調停から訴訟に移行する場合、別途調停の着手金48.4万円(税込)がかかるわけではなく、追加着手金として16.5万円(税込)をお支払いただいております。

■ 成功報酬
・離婚成立時に22万〜49.5万円(税込)※3
・経済的利益の5.5%〜17.6%(税込)※3

(※3)当事者間の争いの有無・程度や経済的利益の金額により異なるため、このように幅を持たせた記載とさせていただいております。具体的な費用については面談時にご事情をお伺いした上で設定させていただきます。

ご相談から解決までの流れ

  1. STEP 1
    icon

    お問合せ

    まずはお電話かメールにてお問い合わせください。ご相談者様の状況をお伺いし、弁護士との相談予約をお取りいたします。
    ※弁護士相談は「完全予約制」になりますので、最初のお電話ですぐにご質問やご相談をしたいという要望には応じかねますので何卒ご了承ください。(ご予約による当日中の弁護士相談には対応しています。)

  2. STEP 2
    icon

    弁護士とご面談

    ご来所またはお電話にて弁護士とご面談いただき、弁護士が証拠等の状況を確認したうえで今後の動きを決定します。ご契約前には分かりやすく費用や見通しについて詳しく説明いたします。
    ※コロナウイルス対策の一環として、お電話でのご相談・ご依頼もお受付しております。

  3. STEP 3
    icon

    解決に向けた活動に着手

    担当弁護士が状況に応じて、証拠の整理、内容証明の作成・送付、相手方との交渉や訴訟手続きを進めます。

  4. STEP 4
    icon

    解決

    請求の実現を目指し、必要に応じて、示談あるいは判決を勝ち取ります。

  5. STEP 5
    icon

    慰謝料の回収

    慰謝料の回収・支払いまでを管理し、必要に応じて強制執行の手続きまでを行います。
    ※強制執行は別途費用が発生します。

弁護士費用は完全成功報酬

不倫慰謝料請求のQ&A

不倫(不貞)の慰謝料請求はどのような方法でするのが良いのでしょうか?
口頭で請求する方法、電話やメールで請求する方法、内容証明で請求する方法、訴訟で請求する方法などがあります。
方法としては、どの方法で請求しても良いのですが、当事者同士でやりとりすると、相手がきちんと支払ってくれなかったり、さらなるトラブルに発展したりと、紛争が長引いたり拡大してしまうというケースが多々みられます。
弁護士に依頼した場合には、まずは内容証明郵便などできちんと法的根拠を示したうえで請求を行い、それでも相手が応じない場合には裁判をするという流れになります。
どのような証拠があれば不倫(不貞)による慰謝料を請求できるのでしょうか?
不貞行為とは、最高裁判所の判例によれば「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の者と『性的関係を結ぶこと』」をいいます。
「どこからが浮気・不倫になるか」という話がよくありますが、法的には肉体関係があれば浮気・不倫にあたるといえますので、慰謝料請求をすることができます。
証拠がない場合にはどうしたらいいでしょうか?
明確な証拠がない状態で「慰謝料請求をしたい」と希望される方も多くいらっしゃいます。しかし、相手が不倫の事実を認めない場合、希望する不倫慰謝料を獲得することは極めて困難になります。そのため、まずは相手に感づかれないように不倫の証拠を獲得することに注力することが重要になります。
どの程度の証拠資料があれば不倫(不貞)の証拠として十分なのでしょうか?
まずは弁護士との無料相談で、収集した証拠状況についてお聞かせ下さい。十分な場合もあれば、不十分な場合もあります。慰謝料請求の証拠として不十分な場合には、具体的にどのような証拠が必要か等のアドバイスをすることが出来ます。
配偶者の携帯電話を盗み見て、メールやLINEの内容を写真で撮影しました。これは証拠として有効ですか?
浮気相手とのメールやLINEのやり取りを撮影した写真は証拠として有効です。実際の裁判でも、そのようなやり取り履歴が決定的な証拠となって勝訴するという場合が多々あります。
もっとも、このようなやりとりが撮影できたからといって油断は禁物です。不貞行為とは「肉体関係」を持つことですので、やり取りの中に肉体関係を示唆する内容がなければ強い証拠とは言えず、不貞があったとは認められないからです。
不倫(不貞)の証拠があれば、慰謝料はもらえるのでしょうか?
相手が、配偶者が既婚であると知っていなければなりません。相手が既婚者であることを知らなかったとしらを切ることがありますので、メール等の証拠の中に、配偶者がいることを前提とした内容が残ってないか等を確認することが必要になります。
慰謝料請求に時効はあるのでしょうか?
慰謝料の時効は、基本的には、不倫の事実があったことをあなたが知った日から3年です。
しかし、あなたが配偶者の不倫を知ってから3年が経っている場合でも、慰謝料請求をできる場合があります。
時効期間である3年の経過が間近であるような場合には、法的な手続きをとることで、時効の期限を延長することができます。
そのような場合には、なるべく早く弁護士に相談した方が良いといえます。
不倫相手が「慰謝料を払う」と約束したのに、その約束を守ってくれません。どうしたらいいでしょうか?
一度は不倫の事実を認め、慰謝料の支払うと約束した後から、その約束を反故にするケースは多々あります。
このような場合、弁護士が直接浮気相手と交渉することで、即座に応じてくる場合が多いです。相手が約束通りに慰謝料を払ってくれないという方は、一度弁護士に相談することをお勧めします。

事務所概要

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所 (東京弁護士会・神奈川県弁護士会・大阪弁護士会)

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
四谷本店
〒102-0083
東京都千代田区麹町6-6-2 東急四谷ビル5F
JR「四ツ谷駅」徒歩2分、東京メトロ「四ツ谷駅」徒歩3分 Google MAP
渋谷支店
〒150-6139
東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
JR「渋谷駅」徒歩3分、東急東横線「渋谷駅」徒歩5分 Google MAP
横浜支店
〒220-0012
横浜市西区みなとみらい3-7-1 オーシャンゲートみなとみらい8F
東急東横線直通・みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩3分 Google MAP
大阪支店
〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-13-22 御堂筋フロントタワー3F
JR「北新地駅」から徒歩2分 大阪メトロ「東梅田駅」から徒歩6分 Google MAP

代表弁護士

  • 代表弁護士 中川 浩秀
    中川 浩秀 (東京弁護士会所属)

お問合せフォーム

証拠の有無について必須
お名前必須
お住まいの都道府県必須
電話番号必須
メールアドレス必須
ご希望の弁護士相談方法必須

当事務所は個人情報の保護に取り組んでおります。
お問い合わせの際は、必ず当事務所の個人情報保護方針をご一読いただき、同意のうえご利用ください。

個人情報保護方針

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所(以下「弊所」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報の保護を推進致します。

1.個人情報の管理

弊所は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

2.個人情報の利用目的

お客さまからお預かりした個人情報は、弊所からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

3.個人情報の第三者への開示・提供の禁止

弊所は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

  • お客さまの同意がある場合
  • お客さまが希望されるサービスを行なうために弊所が業者に対して開示する場合
  • 法令に基づき開示することが必要である場合

4.個人情報の安全対策

弊所は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し弊所は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

【お問い合せ】
弊所の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。
弁護士法人東京スタートアップ法律事務所
〒102-0083
東京都千代田区麹町6-6-2 東急四谷ビル5階
電話:03-5213-4142
受付時間:平日8:30〜20:00、土日祝日9:00〜19:00
※事前予約頂ければ、夜間・早朝対応可

弁護士相談0円/土日祝日24時間受付

不倫の慰謝料相談は完全無料!!

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所では無料相談を行なっておりますので、お気軽にお申し込みいただくことができます。まずは、慰謝料金額の相場を30秒で簡単診断!

自動チャットで無料相談